ご無沙汰してしまってすみません!!

PCの故障やらいろいろとあり…

2015年初投稿です^^;

一か月終わってしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします!

 

さて明日は「立春」ですが、まだまだ寒い日々は続きますね。

朝、庭の水たまりにできた氷を、息子と踏みつけて「パリン」と割るのが楽しいです。

畑の様子はというと…

野菜たちも寒そう!(>_<)

人参の葉っぱは寒さでしおれ、

白菜の外葉は霜で茶色くとろけてしまっています…。

でも、地中の人参や、白菜の中身はぐんと甘くなって美味しい。

真冬の野菜はなぜ甘いのか?

氷点下になると野菜の水分は凍ってしまいますが、

凍結すると水の体積が増えて細胞が壊れ、中の水分が外へ漏れ出てしまいます。

水分が外へ出ていってしまえば、野菜は生きていけません。

そこで、野菜は細胞内にため込んできた、でんぷんを糖に変えて凍結しないようにします。

糖分の高い水は、なかなか凍らないからです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほとんどが路地栽培で過酷な条件のなか育っているいろは農園の野菜たちですが、

そのために四季おりおりの野菜の味が、しっかり味わえるのです^^ (有子)