今日はいよいよ、稲の種もみを蒔きます。

種もみは、60℃のお湯で温湯消毒→浸水→発芽を促すため一晩お風呂のお湯につける…という工程を経て、

こんなふうに小さな芽が出てきました。

種蒔きしやすいように、水を切り、広げて少し乾かしておきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

可愛いなあ~と写真撮影に夢中になってしまいましたが、そろそろ作業開始!

まずは、昨日土を入れておいた育苗箱を並べて、水をたっぷりかけます。

じつはここが一番時間がかかるところ。 私たちが使っている有機栽培用の培土は、

普通の培土と違って界面活性剤などの化学薬品が入っていないので、水をはじいてしまってとても染み込みにくいのです。

じっくりじっくり、往復しながら水をかけて、下まで染み込んだのを確認します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうしたら、並べた育苗箱の上を種まき機を転がして種もみを落としていきます。

そのあと、同様の機械に今度は土を入れて先ほどの育苗箱の上を転がして覆土していきます。

なんだかチョコレートケーキの上にココアパウダーがかかったように見えてちょっとおなかがすいてきました^^;

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

覆土した育苗箱は、作っておいたプールの中に並べます。

水を含んだ育苗箱はけっこう重いので、腰を痛めないように意識して運んでいる私です↑

最後に、上から白いシートを上にかけたら終了。

朝から作業をして、終わったのはちょうど五時のチャイムが鳴った頃。子供たちのお迎えに行かなくては…!

…え?プールなのに水が入ってない?!

はい、プールには、発芽してきてから水を入れるのです^^ (有子)